サブメニュー

金利差と手続きの面倒さ

マイカーローン選びで金利は重要です。借入金額が大きく返済期間も長いマイカーローンでは、たった1%の金利差でも、支払総額に大きく違いが出てきます。

 

例えば300万円のマイカーローンをボーナス払い無しの60回ローンで組んだ場合、金利8.0%のマイカーローンでは支払総額が365万円程度になります。もしも金利が1%だけ下がって7.0%のマイカーローンだった場合、支払総額は356万円程度になります。金利1.0%で8~9万円程度の差が発生します。

 

もしもマイカーローンをディーラーローンで考えているなら、銀行系のマイカーローンに切り替えるだけで、数十万円も差が出る可能性があります。

 

中には、マイカーローンの手続きが面倒という理由でマイカーローンを言われるがままにする人もいます。これは人の価値観なので一概には言えませんが、余程の事情がなければ手間を惜しまない方がいいと思います。事実、ネット上でも人気のおすすめマイカーローンは多少は手続きが面倒でも銀行系が推されているのを見ても手間を惜しむべきではないと言えます。

 

例えば市役所の還付金で20万円が戻ってくるとします。こういったお知らせがあって、しかも詐欺などでないのがはっきりしているのであれば、手続きが面倒だからともらいに行かない人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

 

マイカーローンを面倒だからと自分で選ばないのは、この市役所の例と同じレベルで面倒事が嫌だという人向けの選択肢です。