サブメニュー

銀行と信販の違い

マイカーローンは大きく銀行系と信販系に分かれます。銀行系は銀行のマイカーローンで、信用金庫などもこちらに分類されます。信販系とはクレジット会社のマイカーローンです。ディーラーが斡旋するローンは信販系に分類されます。

 

両者の傾向的な違いとしては、金利と審査があります。銀行系のマイカーローンは金利が低く、その分審査がやや厳しい傾向があります。とはいえ、銀行系といってもマイカーローンの審査は住宅ローンのように厳しいものではありません。あくまでも信販系のものと比較して厳しめというだけです。

 

信販系のマイカーローンは金利が高めに設定されている代わりに、審査は通りやすい傾向にあります。銀行系のマイカーローンに落ちても、信販系のマイカーローンなら通る可能性があります。

 

銀行系と信販系の違いは金利や審査などの傾向的なものだけではなく、決定的な違いもあります。それが車の所有権です。銀行系のマイカーローンの場合、やり取りするのは車を購入するための現金のみです。購入資金は借りる形になりますが、購入する車の所有権は自分にあります。

 

これは当たり前の話のようですが、信販系のマイカーローンの場合、所有権は自分にないので注意が必要です。信販系のマイカーローンでは、購入する車が担保になり、所有権は信販会社側にあります。そのため、車を勝手に売却したり改造したりはできません。

 

安い高いのマイカーローンの金利だけでなく銀行と信販系には大きな違いがあるので、ローン契約後の車の利用状況なども考えてマイカーローンの借り入れ先を選ぶ必要があります。簡単に決めてしまうと後で困る場合もあるので、慎重なマイカーローン選びを行いましょう。