サブメニュー

マイカーローンは銀行で選ぶ

車を購入する手段としてメジャーなのがマイカーローンです。分割で支払えば、無理なく車が購入できます。現金一括で車を購入する時との違いとして利息があります。マイカーローンは無利息という訳にはいかないので、金利に応じた利息も支払総額に含まれています。

 

 

例えば200万円のマイカーローンを組んだ時に、利息がどれ位取られるのかを気にしているでしょうか。マイカーローンにも種類があり、きちんと選ばずに新車を購入すると、200万円の借入れで利息を40万円近く取られる可能性もあります。

 

マイカーローンで利息を必要以上に払っている人が、実は意外と多いという事実があります。その理由として、多くの人が、金利が高いマイカーローンを選択している点があります。何も考えずに販売店で組んでいるディーラーローンは、実は金利が高めに設定されています。マイカーローンを組むなら、ディーラーローンではなく、銀行などで、自分で組んだ方が大幅に得をします。

 

ディーラーローンと銀行のマイカーローンの差額

ディーラーローンも銀行系のマイカーローンも、選ぶところによって金利は変わります。それでもディーラーローンの金利の相場が4.0%~8.0%程度なのに対して、銀行系のマイカーローンは2.0%~4.0%程度です。

 

仮に200万円のマイカーローンをボーナス払いなしの60回ローンで組んだ場合、金利7.0%のディーラーローンだと利息は376,000円も取られます。毎月の返済額も39,602円と高額です。

 

もしもディーラーローンではなく、銀行系のマイカーローンで3.0%の所を選んだとします。マイカーローンを変えただけで、利息は156,000円まで下がります。毎月の返済額も35,937円と、大幅に下がります。支払総額に22万円もの差が出るのです。知らなかったで片づけるには、あまりにもったいない差額と感じるのではないでしょうか。

 

特に最近では金利が低いネット銀行のマイカーローンも人気となってきているので、ディーラーでのローンとの差額は益々大きくなっています。

 

ディーラーローンの金利が高い理由

ディーラーローンは金利が高い傾向にあります。ディーラーローンの場合、貸付け元は販売店でも銀行でもなく、信販会社が請け負っています。銀行と比べると信販会社は金利が高めに設定されているので、信販会社が貸し付けているディーラーローンは金利が高くなります。

 

また、ディーラーローンは販売店の斡旋を挟んで契約を結びます。その際には販売店にも斡旋に対しての報酬が発生します。当然その収入源はこちら側の利息から算出されるので、その分も金利が高くなります。

 

3つ目の理由として、ディーラーローンを組む人は、あまり他社のマイカーローンの金利を気にしません。楽だから勧められるままにディーラーローンを契約するので、多少金利が高くても納得してくれます。実質的に競争相手がいないので、ディーラーローンはそれ程金利を下げる必要もないのです。

 

ディーラーローンのメリット

金利の面だけを見れば、ディーラーローンを選ぶのはもったいないです。銀行系のマイカーローンと比べると、支払総額で20万円以上、あるいは30万円以上の差が出る場合もあります。しかし、ディーラーローンもデメリットだけではなく、メリットもあります。

 

手続きが楽だというのはディーラーローンの大きなメリットといえます。自分で信販会社に申込みに行く必要はなく、販売店で全ての手続きが完了します。面倒な手続きはどうしても嫌な人、事情があってどうしてもマイカーローン手続きの時間が取れない人にとっては、ディーラーローンにもメリットがあります。 

 

また。ディーラーローンは金利が高いですが、その分審査は通りやすい傾向にあります。逆に銀行系のマイカーローン、特に低金利な所は、それだけ審査も厳しくなります。もしも審査に不安があるならば、敢えて金利の高いディーラーローンを選ぶという選択肢もあります。

 

何れにしてもマイカーを購入するためのローンは大きな金額を借りる契約となるので、慎重に申し込みを進めなければなりません。通らないと意味が無いマイカーローンの審査を無駄にしないためにも、しっかりと利用先を選んでローンを組むようにしましょう。